大阪・吹田、三重・伊賀で初心者の方向けの家庭料理教室

「のんの」のひとりカルチャ-教室を主宰している藤本園美です!

%e3%81%ae%e3%82%93%e3%81%ae%e3%80%80pr%e7%94%a8

 

ルクルーゼの鍋は、見た目の可愛さもあいまって、近年人気が高まっています。

私の教室の生徒さんもみんな買いたがります 🙂

 

ただ、ルクルーゼは少し特殊な鍋でもあるので、サイズや種類のチョイスを間違えてしまうと、使いこなしきれずに終わってしまうことも少なくないです。

 

ルクルーゼのお鍋はなかなか良いお値段がすることもありますから、この記事で書いていることも参考にして頂いて、

ミスマッチを防いでもらえればと思います!

 

ルクルーゼのサイズは何cmがおすすめ?

 

ルクルーゼは直径26cmくらいまでサイズがありますが、お料理初心者の方は20cmがおすすめです。

 

いや、「おすすめ」というよりは、半強制的に(?)そのサイズにすべきです。(笑)

なぜかというと、それ以上のサイズになると非常に重たくなり、使いこなすハードルが一気に上がるからです。

 

ルクルーゼという鍋は、「重い」ことが1つの特徴です。

熱伝導を早めたりするために、「重い」ことは必要な要素なのですが、

いずれのサイズであっても、同じサイズの一般的な鍋と比較するとかなり重くなります。

 

ここで大切なことは、鍋が「空」の状態でも既に重いということです。

実際に使うとなると当然、中に水や素材が入るわけですので、さらに重さは増します。

 

このことを考えた時、20cm以上の大きさになると、お料理初心者の方にはまず扱いきれません。

 

のんの

ルクルーゼは「出し入れする鍋」ではなく、「飾っておいてその延長線上で使う鍋」です。

置きっ放しで平行移動出来るようにキッチンに配置出来ないのであれば、使わなくなりますし、体にも負担になるので買わない方が良いです。

 

ココット・オーバルとココット・ロンドのどっちを選ぶべき?

 

ルクルーゼには、ココット・オーバルとココット・ロンドの2つの鍋があります。

 

見た目はどちらも可愛いのですが、特にココット・オーバルを欲しがる人が多いです。

ただ、気持ちは分からなくはないのですが、ココット・オーバルは初心者の方には使いごなしづらいです。

 

また、そもそもココット・オーバルは、日本の家庭料理にはあまり必要でない鍋です。

オーバルはアクアパッツァや、鳥をまるごと煮るような料理に向いている鍋なんですね。

 

「そうは言っても、同じ鍋だし、色んな用途に使えそうだから良いのでは?」と思われるかもしれませんが、

そもそもの性質が違うので、ココット・オーバルはココット・ロンドの代用にはなりません。

 

ルクルーゼの隠れた利点

 

最後に、ルクルーゼの意外な(?)利点について書いておきます。

 

ルクルーゼのメリットの1つは「中が白い」点です!

 

ルクルーゼと並んで人気のある「ストウブ」という鍋があります。

 

ストウブもルクルーゼに負けず劣らず素晴らしい鍋で、機能的には「ストウブ」のほうが良い面もあるくらいです。

 

ただ、ストウブは中が黒いんです。

そして、これは単に「好みの問題」というだけのお話ではないんです。

 

というのも、醤油などを使う日本の家庭料理の場合、鍋の中が黒いと分量や仕上がり具合が確認しづらくなるんですね。

中には「あまり気にならない」という方もいますが、私としてはあまりおすすめできません。

逆にルクルーゼは、先に書いたように中が白いので、調理の状態が一目瞭然で分かります。

 

意外と指摘されないことですが、実はかなり大事なポイントです!

 

購入方法

 

東急ハンズや百貨店には置いてあることが多いです。

商品リンクも貼っておきます!

 

まとめ

 

ルクルーゼは見た目の良さだけでなく、クオリティーも非常に高い鍋です。

だからこそ、ストレスなく使えるタイプのものをGETして頂きたいと思います!

 

お読み頂きありがとうございました!

 

のんの

「お料理初心者の方はまずはこれ!」というお鍋についてもチェックしてみてくださいね!



【YOUTUBEでプチレッスンを毎日配信中! チャンネル登録してね(^^)】



【ブログには書けないお料理のノウハウを解説しているオンライン教材はこちらからチェック!】
おすすめの記事