まな板を汚さないためのシート・まな板がわり!衛生面が気になる方のための便利グッズ

 

大阪・吹田、三重・伊賀で初心者の方向けの家庭料理教室

「のんの」のひとりカルチャ-教室を主宰している藤本園美です!

%e3%81%ae%e3%82%93%e3%81%ae%e3%80%80pr%e7%94%a8

 

まな板は、そのまま使ってももちろん良いのですが、

特にお肉やお魚を調理すると、なかなか匂いや汚れが取れにくかったりします。

 

この記事でご紹介するグッズは、見た目はもちろんですし、何より「衛生面をきちんとしないといけないのに、、」というお悩みに応えてくれます。

 

まな板がわり

 

今回ご紹介するグッズは「まな板がわり」です 😀

今は亡き、料理研究の大家、小林カツ代さんのプロデュースで作られたものです 🙂

「まな板代わり」の写真です!

 

使い方

 

まな板がわりは、いつも使っているまな板の上に載せて使います

こんな感じです 😀

いつものまな板のみの場合と比べ、調理の際も違和感はほとんどありません。

dscn2339

 

「耐熱抗菌まな板」の写真です!

まな板はどれがいい?プラスチック製で傷がつきにくいものをご紹介!サイズも最適!

2016年9月28日

檜(ひのき)のまな板のメリット・特徴・選び方を紹介!においや黒ずみが気になる?

2019年2月26日

おすすめポイント

さっと洗えて衛生的!

普段お料理をする際に使うまな板は、汚れや匂いが落ちにくいものもあります。

その点、汚れが落ちやすいプラスチック素材で作られているので、衛生的に使うことが出来ます 😀

 

2~3枚用意しておくと、「肉用」「魚用」「野菜用」というように用途別に使い分けることが出来るので、より清潔に保つことが出来ます 😀

 

時短にもなる!

1枚のまな板のみを使って様々な食材を調理をする場合、衛生面を保つために、その都度まな板を洗わなければいけません。

そうなると、その度に作業が中断されるので、効率が悪く、時間もその分かかってしまいます。

 

食材の種類ごとに使い分けるために、今回ご紹介するまな板を持っておくと、「大きいまな板をその都度洗う、、」ということをしなくて良いので、

ストレスなくお料理が出来ますし、時短にもなります 😀

 

取り扱いがラク!

上に書いたように、汚れも落ちやすいですし、薄く軽いので場所も取らず、取り扱いが簡単です 😀

収納面でも優秀なグッズです!

 

そのままお鍋に食材を入れられる!

まないたがわりは、薄く柔らかい素材で出来ているので、食材を切ったあと、そのまま丸めて中身をお鍋やフライパンに入れることが出来ます。

そうしても折れたり割れたりすることは無いです。

地味に思われるかもしれませんが、これはかなり嬉しい機能です 😀

 

注意点

サイズは「大」がおすすめ!

サイズは大・小ありますが、「大は小を兼ねる」で、「大」をおすすめします 😀

「小」は正直サイズが中途半端で使いづらいと思います。

小さいと、食材がはみ出て元のまな板が汚れてしまうので、その点からも「大」の方が良いです。

 

色を分けて使うのがおすすめ!

 

まな板がわりは色が「ホワイト」「グリーン」「ブルー」の3色あります。

おすすめポイント①でも書きましたが、まな板がわりは用途別に使い分けるとよりグッド!なので、色ごとに分けて使うのがおすすめです 😀 

 

購入方法

 

東急ハンズなどの量販店にはあると思います。

商品リンクはこちらです 😀

 

まとめ

 

考え方としてはシンプルですが、「さすが小林さん!」というアイデアグッズになっています 😀

あれば必ず役に立ちますし、お値段もお手頃なので、是非使ってみてくださいね 😉

 

お読み頂き、ありがとうございました!\(^^)/

 

檜(ひのき)のまな板のメリット・特徴・選び方を紹介!においや黒ずみが気になる?

2019年2月26日
「耐熱抗菌まな板」の写真です!

まな板はどれがいい?プラスチック製で傷がつきにくいものをご紹介!サイズも最適!

2016年9月28日


【YOUTUBEでプチレッスンを配信中! チャンネル登録してね(^^)】



【ブログには書けないお料理のノウハウを解説しているオンライン教材はこちらからチェック!】

分からない点があれば気軽にコメントくださいね!シェアもお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です